そうじゃないよGoogle先生

来月国外に逃亡するYu-ichiです:neko:

今回はGoogleを使った検索についてです。:wa-i:

検索する際に、Googleサジェストにかなりお世話になっている方も多いと思います。
(Googleサジェストとは、よく検索されるキーワードの組み合わせを候補として出す機能です)
自分もそのうちの一人で、うろ覚えなものを調べるときに助けてもらっています。

例えば某ロボットアニメに出てきた台詞が思い出せないとき、こんな風に・・・:kaomoji6:

ご丁寧にキャラ名から、どのシリーズなのかまでサジェストにでています。:cat_5:
いろんな検索をする人が多いんですねぇ~。

そんな便利なGoogleサジェストですが、時には「いや、そうじゃなくて・・・」というお節介機能が働く場合もあります。

その1つの例をご紹介します。
焼き物」・「焼物」というキーワードでそれは起こりました。

ここまでは普通のサジェストと検索結果ですが、
これに「買取」のキーワードを追加するとそれは起こります。:kaminari:

ご覧の通り、「焼き物」が「着物」になってしまいました。:kaomoji4:
そのまま「焼き物買取」で検索した結果がこちら:kaoemoji3:

完全に「着物買取」の検索結果になっています。:uso:

打ち間違えやあいまいな語句で検索したときに、訂正してくれるのは助かりますが
ミスではないものを意図的に変えられてしまうと困りますね。:kaomoji5:

ただ、この現象はずっと続くわけではありません。
いつの間にか直っていたり、別のキーワードで同じ現象が発生したりします。:kaomoji2:

SEOをかけているキーワードの順位がある日突然急落してしまった、
インプレッションやコンバージョンが極端に落ちたなんてときは、
Googleからのペナルティではなくこの現象が原因かもしれませんよ?
:hamster_4:

最後に・・・

違います!

No related posts.

トラックバックURL