2019年の経済はどうなるのか?

takaです。2019年を前に、アメリカを中心に世界の株価が下落しています。2019年の経済はどうなっていくのでしょう?株価下落の要因としては、アメリカと中国の貿易摩擦による世界の経済の伸び率の減少予想や企業利益の減少と…

2018年の景気動向は?(3)

昨年末から、2018年の景気動向について記事を書いてきました。前回の2回の記事で、国内外ともに2018年も好景気が続くとの論調が多いですが、冷静に国内外の状況を考えると、好調が2018年も続くと思えない要因が多いとお伝え…

2018年の景気動向は?(2)

昨年末に2018年の景気動向について書きましたが、年明けでさらに株価は上昇しています。 → 2018年の景気動向はどうなるのか? 国内の状況は、前回書きましたが、日本を取り巻く世界の状況はどんな状況か?ちょっと整理してみ…

EV(電気自動車)シフトの衝撃

プライベートでは、ハイブリット車とe-POWERに乗っているTakaです。 ヨーロッパ、そして、中国・インドのEV(電気自動車)シフト 世界的な車の燃費規制の強化・排出ガス規制への適応、そして、フォルクスワーゲンのディー…

2016年経済の流れが大きく変わる年になる予感(2)

Takaです。ちょっと喉が痛くて何となくダルイ感じがします。 この時期は、花粉のせいなのか?風邪気味なのかわかりませんね。 前回に引き続き、今年の経済展望についてふれたいと思います。前回記事は、こちら、→ https:/…

2016年経済の流れが大きく変わる年になる予感(1)

2016年を迎え、年初から北朝鮮の核実験やサウジとイランの国交断絶、 中国の株価の急落、人民元安、そして、世界各国の株価の下落、原油と資源価格の下落など 明らかに昨年と異なる変化が起きています。 日本でも年初から日経平均…

日本も移民を受け入れる未来が来るのか?(2)

takaです。前月に書いた記事の「移民を受け入れる未来が来るのか?(1)」の後で、フランスでイスラム国によるテロが起き、トルコ戦闘機によるロシア爆撃機の撃墜事件が発生しています。 → 前回記事はこちら パリで起きたテロで…

日本も移民を受け入れる未来が来るのでしょうか?(1)

takaです。ヨーロッパでは、シリアからの移民の問題で各地で混乱が発生していますね。 中東やヨーロッパとは、距離も離れていますし、言葉や文化の違いも大きいので、今は日本に移民が流れ込んでくる状況にはありません。 しかし、…

いよいよ世界経済の潮流が変わるのか?

先週、中国市場の株価の暴落を発端として、世界同時に株価の暴落に突入しました。 上海総合の指数は、25%も下落しました。 中国政府は、売買の停止、証券会社への資金投入、空売りの禁止、企業関係者の売買の禁止、中国元の切り下げ…

2015年 波乱の予感?

この冬は、また風邪をひいていないTakaです。 今年に入り、なんとなく経済状況の先行きが怪しくなってきた気がします。 途上国の通貨安、経済成長の減速 アメリカの量的緩和縮小の発表から途上国の通貨安が進んでいます。 当初は…

世界中で借金しまくった後の世界はどうなるのか?

 takaです。 世界中でマネーの大量印刷が行われていますが・・その後は? アメリカのQE3(ドルの量的緩和第三弾)が縮小されることなく続いていますし、 ヨーロッパもユーロ危機への対応で、「ユーロ」を大増発しています。 …

早すぎる環境変化

エアコンがないと死んでしまいそうなtakaです。 日本は今や亜熱帯地域のようですね? 最近の夏は、猛暑が日常になってきましたね。日本はいまや亜熱帯地域に属する気がします。 日本の平均気温は、この100年あたりで、およそ1…

日本もネオニコチノイド系農薬を使用禁止にすべきでは

最近、花の咲く季節になったのに「ミツバチ」や「蝶」をほとんど見かける事がなく さらに、「ミツバチ」や「蝶」などの昆虫を食べるトカゲや鳥なども急に減っていると気がします。 以前にも「ミツバチが消えてしまう」事をブログに書き…

花粉症に関する素朴な疑問?

Takaです。本格的な花粉症のシーズンに突入しましたね。 今年は花粉の飛散量が平年より多く、身の回りでも花粉症に悩まされている人が沢山います 熱を出してダウンしたりする人もいたり・・・誰? 僕も軽い花粉症で、外にでると目…

2013年はどんな年になるのでしょうか? 2013年経済展望

2013年 明けましておめでとうございます。 昨年末、野田総理が解散、そして選挙を宣言して以来、自民党の勝利を予想して 安倍自民党総裁の掲げる金融緩和、円安、補正予算を期待して株価は23%も急上昇しています。 でもそんな…

日本の現状とこれから(1) 世帯所得と消費支出の変化

Takaです。 最近、尖閣や竹島の領土問題で、日本は厳しい状況に陥っています。 これも、相対的に国力や外交力が落ちている事など国の力関係が領土問題に表れていると思います。 今回は、日本の現状について考えてみたいと思います…

LEDに虫がよりつかいないのはなぜ?

Takaです。最近、自宅の照明を徐々にLEDに切り替えています。 そんな時、浴室の2つの照明(蛍光灯)のうち1つをLEDに変えたところ 見た目には明るさも色合いも大差ないのですが、虫の集まり方が明らかにLEDの方があきら…

シェールガス革命って?

takaです。最近、新しいエネルギーが脚光を浴びています。 そのなかで「シェールガス革命」という言葉を目にします。 革命と言うぐらいですから、大きな変化なのでしょう。 今回は、シェールガス革命について調べてみましょう。 …

日本の人口と世帯の動向 、そして、ほぼ確定した暗い未来

風邪が回復したのに、腰が痛いtakaです。 日本の人口と世帯の動向 そして、ほぼ確定した未来 前回は、世界の人口増加とアジアにも忍び寄る高齢化について述べましたが、 今回は、日本の人口と世帯の動向について書きたいと思いま…

人口増加とやがて来る高齢化(1)

風邪でダウンしていたtakaです。 今回は、2回に分けて人口問題について書いてみたいと思います。 世界人口の未来 今年、2011年10月31日についに世界人口が70億人に到達したと推計されました。 過去の人口増加の推移は…

震災以後の経済状況を展望する(3)借金の限界

最近また海外版ビデオにはまって寝不足のTakaです。 毎年8月の中旬は、経済のトレンドが大きく変わる気がします。 リーマンショックも8月に引き金がひかれました。 今年も何か? きな臭い感じがします。 昨日、アメリカの株価…

猛暑や温暖化が生き物に影響を与えています

また、6月だと言うのにものすごく暑い日が続いていて エアコンが無いと絶えられないtakaです。 アメンボがいっぱい 散歩コースの川辺を歩いていると、川面を涼しそうに滑っているアメンボをたくさん見かけます。 昔は、こんなに…

情報の精度と判断パターン

takaです。 最近ツバメを見かけるようになり、いままでいたカモがいなくなりました。 いよいよ梅雨入りですね。 情報の精度と判断 福島の原発の問題が発生した直後、アメリカは、自国民に80キロ圏の避難を勧告しました。 当初…

単純な変化が複雑な形をつくる

震災で体育館が使えず2カ月ぶりに運動をしたtakaです。 先日、NHKで、「体をつくる不思議な波」という番組を放送していました。 従来の考えでは、魚やシマウマなど生き物の模様は、あらかじめ決められたDNAの設計図 に従っ…

Facebookの暗号化と中東、アフリカの民主化

ウィルス性の結膜炎でダウンしていたtakaです。 中東やアフリカの諸国で、次々に反政府デモなどの民主化の運動が起きています。 これほど多くの民衆が蜂起した要因の1つにFacebookやTwitterの利用があるようです。…

2011年 経済展望(2)2011年 ほんとうにデフレが問題なのか?

2011年経済展望の第二弾です。 今年の経済の重要テーマとしては、永く続いている「デフレの克服」を上げている専門家が多いようです。 毎日のように新聞やテレビなどで「デフレ克服」という言葉が発せられています。 ほんとうにデ…

確実に収縮に向かう日本経済(1:人口推移)

最近、ipad を眠らせているtakaです。 久々に経済動向について、書きたいと思います。 今後の日本の人口推移 日本は、既に人口減の時代に入っています。 私の住む市も今年ぐらいから人口増から人口減に切り替わりつつありま…

ヒーロー像が描けない今の日本

Twitter で、つぶやきはじめたtakaです。 → http://twitter.com/netimpact_jp   「踊る大捜査線 3」を観て! お盆中あまりに暇だったので、映画「踊る大捜査線 3」を見てきました…

今年は、ツバメを見かけません

バーン・ノーティスにはまっているtakaです。   ツバメがいません 今年は、ツバメをほとんど見かけません。 春になると、弊社のビルに、 毎年巣を作っていたツバメも今年はきません。 なんだか最近、 ツバメの数が激減してい…

中流層の収縮

やっと薬指の靭帯断裂(マレットフィンガー)が直りつつあるtakaです。 まだ、完全に曲がりませんが・・・   昔は、「1億総中流」なんて言われてましたが・・ かつて、 日本は、「1億総中流」などと呼ばれていた時期がありま…

eco? エコ

「もったいない」が、妙に気に入ってるsinosanです。 人気ブログランキングにも、挑戦中です。 クリックお願いいたします。 CO2排出削減から、エコ家電、エコ車、エコ住宅とさまざまなエコに関する商品や設備が、今流行りで…

2010年 経済展望

2010年 明けましておめでとうございます。 アバターを3Dで見てきたtakaです。 まさに次世代の映画という感じでした。 新春を向かえ、今後の経済状況を展望してみたいと思います 2010年、年初めなので、 今後の経済の…

1 / 212