架空請求詐欺の二重の罠にご注意ください!

本日、以下のようなメールが届きました。

株式会社ITデータバンクという情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関と名乗る会社からのメールです。

sagimail

「裁判」「起訴」「給料、財産、不動産、有価証券等の差押え」「強制執行」とか、いろいろ脅して、 直接電話させて個人情報を取得したり、和解金と称してお金を振り込ませる手口のようです。

メールの文書も幼稚ですし、メールでの返答には対応していないとか、住所も書かれていないとか・・ 内容もレベルが低いので、騙される人はほとんどいないでしょうが、 くれぐれも、電話で事情を聴いたり、相談したりしないようにしましょう。

二重の罠にご注意ください!

さらに、この会社名(ITデータバンク)を検索してみると 上記の手口の詐欺メールがきた場合の相談窓口がネット上に多数存在しているようです。

「詐欺被害に強い専門家」と称して、一般消費者の方々の問題点・トラブル・今さら聞けない素朴な疑問等を専門家が無料で相談にて解決致しますなどと書かれています。

恐らく自作自演なんでしょうが、架空請求メールを送って、対処に困った人が相談するサイトをつくり 問題解決の手数料や和解金などの名目でお金を請求するなど二重の罠を仕掛けているようです。

架空詐欺の手口もだんだん巧妙になってきていますね。:sayonara:

No related posts.

トラックバックURL