WordPressの管理画面に記事の閲覧数を表示

羽生市のイオンの福引で500円の商品券が当たったjyunzyです。dollar.gif
どうやら今年はくじ運がいいようです。(正月にも福引でスチーム式のオーブンが当たりました。)
宝くじも買っておこうかな?(笑)

突然ですが、ブログを書いている人にとって「閲覧数」は気になるものの一つかと思います。

WordPressを使っている人なら、プラグインのWordPress Popular Postsがインストールしてあれば、下記のコードをfunction.phpに記入することで管理画面の投稿一覧に閲覧数を表示することができますよ。

//管理画面での記事一覧カラムカスタマイズ
//WordpressPoplarPostのビューカウントを表示する
function admin_posts_columns($columns) {
    $columns['subtitle'] = "Views";
    return $columns;
}
function add_admincolumn($column_name, $post_id) {
    if( $column_name == 'subtitle' ) {
        echo wpp_get_views($post_id, 'monthly', true);//←ここの値で集計期間変更dailyとかweekly全部の場合はall
    }
}
if ( function_exists('wpp_get_views') ) {
    add_filter( 'manage_posts_columns', 'admin_posts_columns' );
    add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_admincolumn', 10, 2 );
}

上記のコードは過去一か月以内の閲覧数を表示する設定になっていますが、「monthly」となっている所をdaily、weekly、allとすることで日単位、週単位、全期間とすることができます。

↓こんな感じに表示されます。

閲覧数の表示例

WordPress Popular Postsは人気の記事を表示できるプラグインでもありますので(というかそっちがメインなんですが(笑))まだ導入してない方は、これを機に取り入れてみてはいかがでしょうか?

No related posts.

トラックバックURL