8月25日の大規模通信障害

iPhoneが仮死したYu-ichiですneko.gif

ついさっきまで普通に使えていたのに、5分くらい放置して再び使おうとホームボタンを押しても無反応。hatena03.gif
電源落ちたか?と思い電源ボタン押しても無反応。hatena03.gif
バッテリー切れも疑って、充電ケーブルを差しても無反応。hatena03.gif
ついに愛用しているiPhone5Sがお亡くなりになった・・・と思いあきらめつつも「電源ボタン+ホームボタン」の長押しによる強制再起動を試したところ、無事復活!w01.gif
どうやら、スリープ画面(真っ暗画面)のままフリーズしたために壊れたように見えていたようです。b07.gif

さて、ここからが今日の本題です。

8月25日の午後0時22分頃に、OCNやKDDIのネットワークで大規模な通信障害がありました。
Twitter上でははじめ、「メルカリにつながらない」「Netflixにつながらない」など障害報告がちらほらあがっていたので、サーバー負荷によるダウンか局地的なネットワーク障害だろうと思っていました。zzz02.gif

少しして復旧したようですが、「さっきネットにつながらなかった」という声があまりに多いので、ただの障害じゃないのでは?と、気になって調べてみました。hamster_4.gif
そうしたら、犯人は意外なモノでした。cat_5.gif

まず前提知識として、ご存じかもしれませんが簡単にインターネットの仕組みを解説します。emoji205.gif

インターネットの世界では、世界中にある「ルーター」というネットワーク機器同士がデータの受け渡しをすることによって通信が行われています。実際の物流をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。
受け取ったデータをどこのルータに送信するかは、データに書かれている宛先と自分の住所録と照らし合わせて判断しています。

で、調べたところ以下の順で情報がでてきました。

1.AS番号15169の企業による大量の経路情報送信が原因?
ルーターの「住所録」を更新する際に、AS番号15169の企業が大量の経路情報を送信してしまった為に、ルーターに負荷がかかり通信障害につながったのではないか?という有識者の見方を障害が起きた25日に発見しました。
このAS番号15169の企業というのは、あのGoogleです。

2.Googleが謝罪(犯人はお前か!)
後にわかったことですが、最初の有識者の見立て通り、Googleが原因でした。
翌26日のGoogleの謝罪内容は、「ネットワークの誤設定が原因で障害が発生し、8分以内に正しい情報に修正した。」というものでした。
ただ、この誤設定が人為的なミスなのかプログラムのバグによるものなのかは定かではありません。ga-n01.gif

無事に事態は収束したわけですが、いろいろ考えさせられました。bikkuri01.gif

今回は誤設定というミスでしたが、もし作為的に行われたとしたら?ga-n03.gif
テロや戦争で利用されたら?ga-n03.gif
考えただけでも恐ろしいです。naku02.gif

最後に・・・
iPhoneが使えなくなった時に、
「故障事例をネットで調べればなんとか復旧できるだろw01.gif
と思って、使えなくなったiPhoneを手にとって調べようとしてました。。。
インターネット依存度とデジタルデバイス依存度はかなり高い方だと自覚しました。neko.gif

No related posts.

トラックバックURL