埋め込んだInstagramが表示されなくなった

秋葉原でドラゴンボールの孫悟空を見たYu-ichiですneko.gif

悟空は山手線に乗ってどこかへ消えていきました。bye01.gif

さて今回はWPに埋め込んでいたInstagramが突然表示されなくなったというお話です。
ホームページ内にInstagramの写真を埋め込んでいる方も多いと思いますが、4月5日あたりから急に写真が表示されなくなってしまいました。ga-n01.gif
調べてみるとその原因は、Instagram側にありました。cat_5.gif

Instagram APIの仕様変更があり、いくつかエンドポイントが廃止されたことが原因でエラーとなっていたようです。ikari04.gif
https://www.instagram.com/developer/changelog/

その中に写真を表示するために使用していた以下のエンドポイントが含まれていました。

GET /users/{user-id}
GET /users/{user-id}/media/recent

とりあえず今できる対策として、以下のように記述を変更しています。

https://api.instagram.com/v1/users/{user-id}/?access_token=ACCESS-TOKEN

この「{user-id}」の部分を「self」に変更

https://api.instagram.com/v1/users/self/?access_token=ACCESS-TOKEN

もう1つ

https://api.instagram.com/v1/users/{user-id}/media/recent/?access_token=ACCESS-TOKEN

これも「{user-id}」を「self」に変更

https://api.instagram.com/v1/users/self/media/recent/?access_token=ACCESS-TOKEN

これでちゃんと表示されるようになりました。w01.gif

ですが、このInstagram API自体が廃止の方向に進んでおり、2020年には完全に使えなくなってしまいます。naku02.gif
Instagram Graph APIを使いなさいと言われていますがビジネス向けのみで、non-business profilesが使えるようになるのは2019年とか。

またその時に一波乱ありそうですね。neko.gif

No related posts.

トラックバックURL