ImageReadyでGIFアニメーションの保存ができなくなったら

使っているスマホの発熱が激しさを増してきているatsushiです。
発熱でアプリが強制終了したり、充電できなくなるので困りものです。:naku:

最近あまり使わなくなってきている?GIFアニメーションですが、どのように作ることが多いでしょうか?

私の場合は、Photoshopばかり使っているのでまずは、Photoshop上で必要なレイヤーを作成して、「ファイル」メニューの「ImageReadyで編集」でImageReady上でアニメーションを作ります。かつては、ホームページビルダーに付属のアプリケーションで作っていたこともありました…たしか、容量が小さくならなくてやめたような気がします。

そんなGIFアニメーションをつくるためのImageReadyですが、GIFアニメーションなのにGIF形式で保存できない!! :kaomoji4:なんていうトラブルに遭遇したことはありませんか?

こういうトラブルは地味に悩みがちです。

そこでGIFで保存できなくなった場合の対処方法をご紹介します。

ImageReadyの「ウインドウ」メニューにある「最適化」をクリックします。これで「最適化パレット」が表示されます。

最適化パレットの「ファイル形式」がGIFになっていなかったらGIFに直してください。これでOKです。

最適化パレット

たいていこういう設定って「環境設定」とかで変更するのが普通な気がしますが、パレット上で設定するというのがハマってしまうポイントでしょうね。

ImageReadyを使い倒していないのでわかりませんが、ファイル形式がGIF以外にもあるけど、実際使う機会があるのでしょうかね?

No related posts.

トラックバックURL