Googleストリートビューの撮影車に遭遇

初めてGoogleストリートビューの撮影車を見たTakaです。

1か月ほど前になりますが、会社の前の通りをGoogleストリートビューの撮影車が走っていました。

そしてついに、ストリートビューが更新されているのを確認しました。:kaoemojiA:
(正確な日数は分かりませんが、撮影からストリートビューの更新に1か月程度要するのかも?)

Googleの撮影車は、スバルのインプレッサで、ストリートビューのアイコンや地図などが描かれたとても目立つ車です。 車の上部に青い球形の360度のパノラマ撮影可能なカメラが取り付けれてられています。

このカメラで撮影した画像をパノラマにつなぎ合わせて、GPSや速度計や方位系で走行位置を正確に地図上にマッピングするようです。凄い!:hakusyu:

車が入れない道は、自転車やバイクに、このカメラを取り付けて撮影しているようです。

先日テレビで紹介していましたが、山道や観光地などは、人がカメラを背負って撮影しているようですね。 地形や天候に影響を受けることも多いようですし、観光地では撮影の時間も問題になりますね。

最近は、大学やショッピングモール、レストランやオフィスでも撮影しているようです。

1つの民間企業にこんな事ができるとは?

こんなに途方もなく時間と労力を要する作業を世界中で行って、さらに撮影した後も画像を360度のパノラマ画像に加工したり、 車のナンバーを消したりなど個人情報にマスクをかけたり、そして、誰でも閲覧できるようにシステムを構築したり、それを定期的に更新していく しかもそれを世界中に無料で公開するなんて、1つの民間企業にこんな事ができるとは?:cat_5:

技術的にも様々な困難があったでしょうし、途方もないお金を必要でしょうし、何よりたゆまぬスタッグの努力や意志の継続が必要です。 Googleのスピリットに、とてもとても敬服です。

Googleが、ストリートビューができるまで(ストリートビューの舞台裏)を紹介していました。
興味のある方は、是非ご覧ください。 :sayonara: 
    ↓
https://www.google.com/intl/ja/maps/about/behind-the-scenes/streetview/

No related posts.

トラックバックURL