2009/09 Yahoo!変動レポート(1) 【本当にTDPなのか?】

「ほんとうにペナルティ(TDP)なのか?」

9/4に始まったYahoo!の順位大変動は、
以前に例を見ない程、広範囲にそして大きな順位変動をもたらしました。

今回の変動では、TOPページの評価が急速に落ち、上位に表示なくなり、
歴史のある実力のあるサイトやSEOとは無関係と思われるサイトまでその影響を被った。

確かに、TOPページの急速な評価ダウンによる急速な順位下落は、
以前からYahoo!で行われていたとされるペナルティ(TDP)と症状は、似ています。

そして、多くのサイトやブログで「ペナルティの発動、TDPである」
というような論が多く語られていますが、でも、ほんとうにTDPなのでしょうか?

「TDPの対応策を実施して、順位復旧した・・」 との記事もありますが
ほんとうに、TDP対応策による順位復旧なのでしょうか?
Yahoo側のリカバリーによる復旧と重なっただけではないのか?

この時期にフィルタリングを強化する必然性がない

米Yahoo!は、Microsoftとの提携(事実上の身売り)を発表し、
YSTからBINGへの切り替えを発表しています。

Yahoo!Japanは、独力でYSTを開発・維持管理する技術的、人的、資本的な力は、ないと思えます。

Yahoo!Japanの今後の選択肢としては、やはり、米Yahoo!と同様BINGの採用となるでしょう。

このような状況で、
90日も行われなかったYahoo!インデックス更新を
ペナルティ強化を目標に行う事は、あり得ないように思えます。

Yahoo!は、ペナルティの強化より、
はるかに優先順位の高い課題に直面しているはずです。

  1. BINGとのインターフェースの構築
  2. BING連動後のフロント側の機能、デザインの改良
  3. YST開発スタッフのBINGテクノロジーの習得、Microsoftへの移籍や組織変更
  4. BING運用準備、ハード、ネットワークの調整
  5. アメリカとYahoo!Japanなど関連国との機能分割

    などなど・・少し考えただけでも膨大な準備が必要となる。

それも、Googleとの競争を考えれば、短期で対応しなければならない。

こんな状況で、いまさら「YSTのペナルティの強化」など考えられない。

さらに、今回の現象を分析していくと

さらに、今回の現象を分析していくと、
「ほんとうにTDPなのか?」という新たな事象が発見されています。

次回は、「ほんとうにTDPなのか?」という事例を記載したいと思います。

今発生している問題は、
Yahoo!のBING切り替え準備に伴う、米Yahoo!側の障害ではないでしょうか?

みなさんは、「ほんとうにTDPだと思いますか?」

『関連記事』
 https://www.netimpact.co.jp/diary/2174

 更新の動向

ブログランキングも挑戦中です。
よろしければ投票をお願いします。
     :onegai:      

No related posts.

トラックバックURL