WPの低品質記事をnoindex化

昨日は車酔いして、今日は頭痛のYu-ichiです:neko:

弟は40度の熱と腹痛で点滴うってきたそうです。季節の変わり目にはご注意ください。:cat_8:

さて、Wordpressの低品質な記事をGoogleに読ませないようにする方法をご紹介します。
今回は「画像だけ」で本文が全くないものを除外したいと思います。

編集するのは、使用しているテーマファイルの「header.php」です。
除外の方法はmeta記述の「noindex」を使います。
テーマや導入しているプラグインによっては既に「canonical」の記述が入っているものがあるかと思いますが、その場合はその記述部分を、入っていない場合は新たに追加してください。

<?php
if(is_single()){ //個別記事の場合
  $content_summary = strip_tags($post->post_content);
  $content_summary = preg_replace("/[\n\r\t]/", "", $content_summary);
if(empty($content_summary)){ //画像だけの場合 ?>
<meta name="robots" content="noindex,noarchive" />
<?php } ?>
<?php } ?>


この記述を追加すると、本文中にテキストが無い(画像のみ)の投稿にだけ、noindexが付くようになります。
「if(empty($content_summary))」の条件をemptyではなく文字数判定に変更すれば、本文が極端に短い投稿をnoindex化することもできそうですね。

サイト的には画像だけでなく、説明文として本文がしっかり入力されていた方がユーザーにとって親切ですが、どうしても画像だけの投稿が必要でGoogleのパンダ対策もしなければならないというときに活躍すると思います。

No related posts.

トラックバックURL