Windows10の標準メールアプリは注意が必要

大掃除で筋肉痛なYu-ichiですneko.gif

高圧洗浄機ってもっと静かなやつないですかねぇ?hamster_4.gif
水しぶきもすごいので、真冬にやるのはきつかったです。naku02.gif

さて、今回はWindows10に標準でついているメールアプリについてです。
今まではWindows標準でOutlookExpressやWindowsLiveメールなどがついてきましたが、Windows10になってから別のメールソフトになりました。wink02.gif

Windows10のタスクバーにメールのアイコンが表示されているので、ついつい今までのメールソフトと同じ感じで使ってしまうかもしれませんが、注意が必要です。aicon_1.gif

まずはメールの受信形式について、POPとIMAPの説明を簡単に・・・。

POPはメールサーバーにから自分の端末にメールをダウンロードして管理する仕組みです。
一度メールを受信してしまえば、インターネットに接続されていなくてもメールを見ることができます。
自分の端末の空き容量の分だけメールを保存しておくことができます。

IMAPはメールサーバーから自分の端末にメールをダウンロードせずにメールサーバー上で管理する仕組みです。
ダウンロードしないので、インターネットに接続されていないとメールを見ることができません。
メールサーバーの容量分しかメールを保存できません。

【Windows10のメールアプリはここが違う】

  • POPの設定をしてもIMAPと同じ動作になる

どういうことかといいますと、POPの設定ができるのですが「同期」というIMAPに似た方法になっています。
これがメールを頻繁に使う人にとっては非常に使いづらいのです。ikari02.gif
メールサーバーメールアプリ同期しているので、メールアプリからメールを削除するとメールサーバーからも削除されます。
逆に言えば、メールアプリからメールを削除しないとメールサーバーからも削除されません。ga-n01.gif

例えば、メールサーバーの容量が1GBだとすると1GBを超えたメールは受信できなくなるので、不要なメールは削除しなければなりません。
ですが、仕事で使っているとどうしても消せないメールが出てくるため、いずれメールボックスがオーバーフローする可能性がでてきます。

つまり、Windows10のメールアプリはビジネス用としては不向きです。

ただ、ビジネスで使う場合はoffice製品を入れていると思うので、素直に「Outlook」を使った方がよいでしょう。

それでは、来年もよろしくお願いします。neko.gif

No related posts.

トラックバックURL