【WordPress】予約投稿が失敗した時に試して欲しいプラグイン

時々自転車通勤をしているjyunzyです。当たり前ですが歩くよりずっと早いですね。
始めてから1か月ほど経ちましたが、そのうち4回くらい自転車をこいでいる時に目の中に虫が入ってしまいました。bikkuri01.gif
眼鏡着用でないとダメかもしれませんね。sweat01.gif

今回はWordPressで予約投稿が失敗し時に試して欲しいプラグインを紹介します。

WordPressの予約投稿でも使われているwp-cron(擬似cron)は、Webページにアクセスがあった時に現在実行すべき処理がないかどうかをその都度確認する方法をとっています。

そのため、予約記事の投稿時間にアクセスが無かった場合、時間が過ぎても次のアクセスが来るまで投稿されません。場合によっては30分、1時間経っても投稿されない事もあります。

このような「失敗した予約投稿」を投稿し直したい場合は「WP Missed Schedule Fix Failed Future Posts」というプラグインを利用すると良いでしょう。

このプラグインは5分間おきに失敗した予約投稿をチェックし、もしあれば最大10記事まで強制的に公開させます。予約投稿に失敗記事がなければ何もしません。

使い方も簡単で、Wordpressの管理画面で有効化してあげるだけです。

注意点としては、「予約投稿に失敗した場合に対応する」プラグインなので、「日付が変わった瞬間に記事を投稿したい!」というケースには向いていません。
もっとも、wp-cronを使っている時点で多少遅れてしまうのは覚悟しないといけないのですが。。。

予約した記事を確実に投稿したい方に、ぜひ試して頂きたいです。wink02.gif

No related posts.

トラックバックURL