Googleのオープンソースの衝撃(1)

10/28 Googleショッピングサービス開始

Googleは、アメリカやヨーロッパで提供してる「Googleショッピング」を
10/28日から日本でも提供開始しました。

「Googleショッピング」→ http://www.google.co.jp/products

Googleショッピングから、商品キーワードを検索すると
探している商品の商品名、画像、価格が一覧で表示されます。

表示方法を変えたり、価格帯、ショッピングサイトを絞って検索したりすることもできます。

オープンソース、無償でオープンなサービスの衝撃

日本では、商品検索、価格比較と言えば、「価格.COM」が利用されていますが、
現時点で「Googleショッピング」と「価格.COM」を比較すれば、
商品情報では、商品登録数、商品の詳細情報など圧倒的に「価格.COM」が勝っています。

また機能面でも、商品群ごとの条件による絞り込み機能や並び替え機能なども
圧倒的に「価格.COM」が勝っています。

そして、ユーザーが購買時に必要とする補足情報でも
「最安値」「平均価格」「送料」「納期」「ユーザーレビュー」「クチコミ」・・など
圧倒的に「価格.COM」が勝っています。

それでも

「Googleショッピング」が発表されてから、(株)カカクコムの株価は、急落しています。

現時点で、情報量・機能・利便性に勝る「価格.COM」でも、
Googleのオープンソース、無償でオープンなサービスには勝てないと市場が判定していると言う事でしょう。

Google mail、Google Earth、Google map、YouTube、Googleカレンダー・・など
Googleは、次々に、オープンソース、無償でオープンなサービスを提供しています。

これらのサービスは、利用者に無償で大きな利益や有益さを提供しています。

今や世界中で広く利用され、
各分野で無くてはならないスタンダードなサービスとなっているという事実があります。

このオープンソースの衝撃には、誰も逆らえないでしょう。

たとえ、
Microsoft、Apple、価格.COM ・・など現時点で圧倒的な市場シェアーを持つ企業であっても ・・

みなさんは、どう考えますか?

ブログランキング挑戦中です。よかったら応援クリックお願いします。:kaoemoji2:

:onegai::yubiright: 人気ブログランキングへ    :kurikku:

 

トラックバックURL

Googleのオープンソースの衝撃(1)」への2件のフィードバック

  1. 内藤『アメブロとメルマガで稼ぐ』 より:

    オープンソースはありがたい事です。
    ただし一つに頼らずに、複数の会社のサービスを
    利用すると安心ですね。

  2. taka より:

    その通りですね。
    何がスタンダードになるのか?見極めも必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。